宗教は不必要

宗教を信仰することの危険性を紹介したいと思います。宗教は多くの危険な状況をうみだし多くの人を殺してきました。それと同時に多くの人を救ってきたのも事実です。

スポンサーリンク

宗教による戦争

過去に行われてきた戦争は宗教戦争が多いです。少なからず宗教が絡んでいます。現代でも宗教の違いによる戦争は多発しています。例えば、イスラム国は厳正なイスラム教国家を作ろうとしました。もし、イスラム教がなければ多くの命は助かったでしょう。

現代科学の発展

昔は分からない事が多かった。科学が発展した現代において宗教は必要ではない。昔なら理解できないことを宗教という物語に頼る必要があったかもしれないけれども、科学が発展した現代では全ての事を科学で証明できるため宗教は不必要なのだ。

宗教法人

宗教法人は得をする。宗教を単なる娯楽の一つと考えるべきだ。そうすると、宗教法人は無くなる。なぜなら、単なる会社に成り下がるからだ。

まとめ

宗教は全ての悪の源である。日本人の多くは無宗教と言うが初詣にいく。まずは、そこから見直すべきではないのだろうか?

今回はこの辺にしときます~